豊胸 口コミ

産後のサイズダウンを予防!子育ての合間に簡単バストエクササイズ

妊娠中や授乳中はあんなに大きかったのに、授乳が終了したとたん胸が小さくなってしまった!産後のお母さんからよくつぶやかれている悩みです。

実際、普段よりも1~2カップほど大きくなったバストは、卒乳とともに以前よりも小さくなります。これはなぜでしょうか。

正確にいうと、バストが小さくなったわけではなく、胸の中には乳腺というものがあり、妊娠中や授乳中にはこの乳腺が発達していますが、授乳が終わると乳腺が小さくなります。乳腺はバストのハリを保つ役目もしているので、小さくなるとバスト自体も垂れが目立つようになります。つまり、胸が小さくなるというよりも、垂れてきてしまうことで小さくなったように見えてしまうのです。

この産後の胸の垂れは、実は妊娠中や育児中に予防することができるのです。

まず、胸の垂れに大きく関係するのが、「クーパー靭帯」と呼ばれるものです。この靭帯は乳腺と皮膚をつなぐケーブルの役目をしています。クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりしてしまうと元に戻りません。妊娠中や授乳中に胸が大きくなると、つられてクーパー靭帯も伸びてしまいそのまま伸びきったゴムのようになるため、胸が垂れてくるのです。このクーパー靭帯に負担をかけないようにすることが一番の予防策になります。

クーパー靭帯を保護するためには、胸を支える筋肉である大胸筋を鍛えることが大切です。子供と一緒にいると、腕や足腰には自然と力がついていきますが、この大胸筋は意識しないと鍛えることは困難です。

そこで子育ての合間にできる簡単なエクササイズを紹介しましょう。

まず背筋をきちんと伸ばして立ち、両手を胸の前で合わせ、息を吐きながらそのままぐっと押し合います。このとき肘は90度になるように気を付けてください。これを15秒×10回行います。

次に、壁に向かって背筋を伸ばして立ち、脇をしめながら壁を押します。10秒間そのままの姿勢でいた後、身体を戻します。これを10回繰り返します。

古典的ではありますが、腕立て伏せも、大胸筋を鍛えるには効果的な方法です。

いずれも、大胸筋を意識しながら行うことを心がけて下さい。

このように育児中に少し身体を動かすだけで、産後の胸の垂れはかなり予防することができます。
あとあと嘆くことがないよう、今から少しずつケアを始めていきましょう。

バストアップにつながるツボ押しで手軽に豊胸マッサージ!

大きい胸になりたい!でも、手術?身体に何かするとなると、ちょっと怖い・・・。

そんなあなたに、バストアップにつながる必殺技をご紹介します。

それは「ツボ押し」。ツボ押しというと、肩こりや疲れをとるといった、治療向けの方法だと思われがちですが、人間の体に無数にあるツボの中には、豊胸効果があるものも存在するのです。

ツボ押しは、一日の中でも入浴中に行うのが効果的です。入浴中は身体がリラックスした状態で、血行もよくなっているので、ツボ押しには最適な状態です。

まず一つ目のツボは、「天渓」と呼ばれるツボです。両乳房の外側、乳首の高さに二つ位置します。両手で乳房を持ち上げた時に親指に当たる位置を、そのまま親指で内側に押します。痛みを感じた時は強さを調整しましょう。このツボは、乳腺の発達を促す働きをします。

次に「壇中」と呼ばれるツボが、両胸の中央、両方の乳頭を結んだ線の真ん中にあたる箇所にあります。ここに片手の指を二本当て、もう片方の二本の指でその上から押します。これも押しすぎて痛くならないように注意してください。ツボ押しの強さは、気持ちいいと思える程度の強さで十分です。このツボは女性ホルモンの分泌を促進するので、バストアップだけではなく、美容にも効果があります。

もう一つ、「よう窓」というツボもあります。乳首と鎖骨の間、第三肋骨と第四肋骨の間にあります。二本の指をそろえてゆっくりと押しましょう。このツボは女性ホルモンと乳腺の働きを活発にし、母乳の出をよくする効果もあります。

以上、代表的なツボをご紹介しました。ツボ押しなら、入浴中に簡単に実践することが可能かと思います。しかし大きく形のよいバストを手に入れるためには、やはりツボ押しだけではなく、バランスの良い食事の摂取や生活リズムの改善、今着けている下着の見直し、適度なエクササイズなど、基本的なこともあわせて実践していくことが大切です。

豊胸手術の際に選択!「乳腺下法」と「大胸筋下法」とは?

「豊胸手術」にはさまざまな種類があります。その中でも一番メジャーな方法は、胸にシリコンバッグを入れる「プロテーゼ挿入法」です。

「プロテーゼ挿入法」は、局所麻酔をかけてわきの下などからメスを入れて、そこからプロテーゼと呼ばれるシリコンバッグを挿入し、縫合します。施術時間は大体2~3時間で、その日のうちに帰宅することができます。

シリコンバッグには様々な種類がありますので、自分の体質や体調と照らし合わせて選択しましょう。

そして、そのバッグをいれる箇所によっても、また仕上がりが違ってくるのです。

シリコンバッグを入れる箇所は、2通りの選択肢があり、「大胸筋下法」と「乳腺下法」とそれぞれ呼ばれています。

「大胸筋下法」は、乳腺の下にある大胸筋を肋骨から剥離し、そこにシリコンバッグを入れます。バッグが大胸筋に下に入るので、シリコンバッグの形がわかりにくく見た目は自然に仕上がります。しかし、筋肉をはがす手術になるので術後の痛みが大きくなることと、胸の感触が筋肉を触っているように若干硬く感じられてしまうことがデメリットとして上げられます。

「乳腺下法」は、大胸筋と乳腺の間にシリコンバッグを挿入します。大胸筋下法と違い筋肉を剥離することはないので痛みは小さくなります。乳腺の下にバッグがあるので大胸筋下法よりも手触りが柔らかくなる半面、シリコンバッグの形が出やすくなるので、乳腺の小さい人、つまり胸の小さめの人には不向きな方法です。

現在では、痛みが少なく感触も自然な「乳腺下法」がやや主流になってきていますが、Aカップほどの小さめの胸の人には「大胸筋下法」が適しているため、どちらの方法を選択するかは自分の体質や体調と照らし合わせてよく考えて下さい。

血液でバストを大きくする?献血豊胸手術の効果と安全性

「豊胸手術」といったら、どんなものを思い浮かべますか?

胸にシリコンジェルや生理食塩水などのシリコンバッグを入れるのが一番メジャーな方法でしょうか。そして、ヒアルロン酸などを注射する方法もよく使用されています。

でも、異物を体に入れるのはやはり抵抗がある。そんな方にお勧めの方法があります。意外なものがバストアップに利用できるのです。

それは、ご自身の血液です。

「献血豊胸手術」と呼ばれ、血液をバストに注入することでサイズアップを図ります。

具体的に手術の流れを説明しますと、まず患者から血液を採取し、遠心分離機にかけます。そうすることで取り出した、PPP(小血小板血漿)とPRP(多血小板血漿)と呼ばれる血小板にジェル状の加工を施し、胸に注入をします。

このPPPやPRPは、しわ取りや皮膚の若返りなどのアンチエイジングにも使用されていて、クリニックによっては、PPPのみをジェルにするところもあります。

施術時間は大体2~3時間で、局所麻酔を使用するので痛みもありません。

この手術で、サイズをワンカップ上げるのに必要な血液量は、大体200cc。献血で採取する血液の基準が400ccなので、痩せすぎの方や過度の貧血の方を除けば、特に問題はない量です。もちろんワンカップ以上のサイズアップも可能ですが、体質や体調を加味しての医師の診断が必要になります。

自分の血液を使用するのでアレルギーや副反応も起こりにくいですが、デメリットもあります。

少しずつ体がジェルを吸収していってしまうので、残念ながら効果が永久に続くわけではありません。
人によりますが、ジェルの効果がなくなるまでは半年から3年ほどです。しかし、定期的に施術を行えばもちろん効果は持続されますし、ジェルが吸収された後もジェルのあった空間を体が埋めようとし、結果的に元のバストよりもサイズアップすることも期待できます。

自分の体を使って、自分の体を改善する。ぜひ一度、検討してみてはいかがでしょうか。

いつまでも美しい胸でいたい・・・垂れないバストを作るには?

最近、張りがなくなった。寝転がったときには真っ平らになってしまう。左右に流れてしまっている気がする。あなたのバストに、こんな悩みはないですか?

10代20代のころにはツンと上を向いていた胸は、年齢を重ねるにつれて下がってきます。そう、それが「バストの垂れ」です。上にあげた現象は、まさにバストが垂れてきていることを表しています。

どうして胸は垂れてきてしまうのでしょう?一番大きな原因は、皮膚のハリがなくなること。人間の皮膚は、水分をたくさん蓄えている間は弾力性を持つことができますが、歳とともに水分を失いがちになると、重力にしたがって下りてきてしまいます。加齢でできる顔の皺と同じ仕組みです。胸を支える大胸筋が衰えることも一つの要因です。また、赤ちゃんへの授乳が終了すると胸の中の乳腺やまわりの脂肪も小さくなるので、垂れにつながります。

残念ながら、完全に垂れてしまった胸は元に戻すことができません。なので、胸の垂れを予防することが大切になります。

まず、一番重要なのは、胸のサイズに合ったブラジャーをきちんと身につけることです。これは簡単なようで意外と見落としがちです。今まで使用していたブラジャーを惰性で使い続けていませんか?合っていない下着を身につけることは何もつけていないことと同じです。また、サイズは合っていても形が合わない下着も同様です。きちんと採寸し、そして試着をすることで、やっと自分に合うブラジャーだと言えます。特に産前産後のサイズ変化が大きいときは注意しましょう。また、胸がきちんとブラジャーの中に収まる様、つけ方にも気をつけましょう。

次に、胸のケアです。顔の皺を予防するには、化粧水や乳液、マッサージなどを行います。これは皮膚のハリを保つためのケアですが、同じことをバストにもしてあげることが大切です。今はバスト専用のケア用品が多数出ています。それを使用し胸の皮膚の乾燥を予防することで、ハリを取り戻すことができます。また皮膚のハリは、食生活やストレスにも大きく関係するので、その点にも注意が必要です。

そして、適度な運動。歳をとるにつれて運動する機会が減っていきますが、大胸筋を鍛えるエクササイズを行うことで、バストの垂れは予防できます。ジョギングや縄跳びなど激しい運動は必要ないので、毎日少しずつ行っていくとよいかと思います。

これらの行動を実践することによって、バストの垂れを予防するだけではなく、サイズアップも期待できます。日ごろの小さな努力の積み重ねで、美しいバストを維持しましょう。

見た目や触り心地はどう変わるの?豊胸手術のキホンを教えます

女なら、誰だって綺麗にスタイル良くなりたいもの。特に「大きな胸になりたい」そんな願いをもつ女性は、いつの世にも多数いるのではないかと思われます。
では、実際にバストアップを目指すには、どうすればよいのでしょうか?
体操、食事、ツボ押し、サプリ・・・色々方法はありますが、一番てっとり早い方法は、やはり「豊胸手術」です。

「豊胸手術」といっても、では具体的にどのような方法で胸を大きくするのでしょうか。

手術の方法は、大きく分けて二種類あります。

一つ目は、「プロテーゼ挿入法」。最も世間に良く知られている方法かと思われますが、簡単に言うと、「胸に物を入れて大きくする」やり方です。まず部分麻酔をかけ、乳房やわきの下などにメスを入れて、そこから「プロテーゼ」と呼ばれているバッグを埋め込みます。このバッグの中身には、生理食塩水やジェルが使われます。人体に影響のない成分が使用されているので、万が一中で破れてしまっても、体への害は特にありません。その後切開場所の縫合をすれば完了です。

簡単で、一気に数カップも大きさを変えられる方法なので人気も高いのですが、やはり人工の物を体内に使用するということもあり、年数が経つにつれて形が悪くなったり、バッグが破損したりといったトラブルが出てくることがあります。

もう一つの方法は「注入法」です。これはメスを使わずに、脂肪やヒアルロン酸を胸に注入しサイズアップを図ります。自分の太ももやお腹などのいらない脂肪を吸引し、胸に持っていくので、気になる箇所が一気に改善できるというメリットもあります。また、自分の脂肪を利用するので、副作用などの心配もほとんどなく、触り心地も自然です。

しかし、挿入法のような大幅なサイズアップはできない、脂肪が体に全て定着せず、ある程度は吸収されてしまう、という欠点もあります。

ヒアルロン酸の注入は比較的安価で簡単ですが、数年で体内に吸収されてしまう為、繰り返しの施術が必要になります。

技術や品質が向上し、敷居の低くなった感のある豊胸手術ですが、上に挙げたようなそれぞれの方法のメリット、デメリットを照らし合わせ、ゆっくりと検討して決断されることをお勧めします。

胸のサイズと見た目の違いに泣くのは正しい下着を選んでいないから!

測るとまあまあのサイズなのに、実際に胸を見てみると、どうもそんな大きさには見えない・・・私の胸、本当にこのサイズでいいの?そんな悩みを持っている方、いませんか?

そういう人は、まず自分の持っている下着を見直してみましょう。身体に食い込みませんか?ストラップがすぐにずれてきませんか?カップに余っている部分はありませんか?もし当てはまるようなら、そのブラジャーは、サイズは合っていても形が合わないのかもしれません。

ブラジャーはきちんとつければ、垂れやたるみを予防するだけではなく、まるでサイズアップしたかのような美しい形に見せてくれるのです。

それでは、どのように自分に合うブラジャーを選べばいいのでしょうか。

まず、バストを測る場合は、専門店に行き売り場の人にお願いしましょう。自分で測るのは誤差が生じる元になります。プロの人にきちんとトップとアンダーを測ってもらうのが望ましいです。

そして自分のカップとアンダーのサイズがわかったら、次はブラジャーの形選びです。ブラジャーには、ハーフカップブラ、フルカップブラ、ストラップレスブラなど色々あります。自分のファッションや体型に合わせて選びましょう。

ブラジャーを選んだら、必ず試着をしましょう。まずストラップをかけて前かがみになり、胸をブラジャーの中に入れてホックを留めます。その姿勢のまま、右手を左の胸の外側に入れ、胸を中央に集める感じで寄せます。反対も同様に行います。それから身体を起こして、ストラップを調節します。

試着が完了したらそのまま着心地をチェックします。腕をあげたり、身体をひねったり、身体を前後に倒したりなど、日常生活で行う動作を試してみてください。そのときに、ブラジャーが浮いてきたり、ストラップがすぐにずれたりする場合は、身体に合っていないことが考えられます。

このように、下着をきちんと選んで正しいつけ方をすれば、見た目もぐんとよくなるし、着心地も快適になります。バストの大きさは、生活環境や加齢とともに変化していきますので、着なれた下着に違和感が生じたらサイズをあらためて測り直すことをおすすめします。

手術も注射も不要!飲むだけで大きく!豊胸サプリの賢い使い方

薄着の季節になるから・・・。女らしさをアップさせたいから・・・。授乳が終わったから・・・。

様々な理由で、たくさんの女性が「胸を大きくしたい」と考えているかと思います。

胸を大きくするとなると、一番初めに思い浮かぶのは豊胸手術。でも、やっぱり手術となると抵抗がある・・・そんな人に、「豊胸サプリ」という便利なものをお勧めします。口にするだけでバストアップが期待できるサプリ。これなら、麻酔も注射も必要ありません。

しかし豊胸サプリとは、体の女性ホルモンに働きかけて効果を表すものなので、飲む前にまず女性ホルモンの仕組みを知っておく必要があります。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の二つの種類があります。

「エストロゲン」は月経や排卵を起こす働きをするホルモンで、月経開始から排卵までの間多く分泌されます。排卵後から分泌されるのは「プロゲステロン」で、子宮や体の妊娠の準備を促すホルモンです。乳腺の発達に関係するのもこのプロゲステロンです。

二つのホルモンは交互に分泌されることによって体のバランスを保っていますが、一方のホルモンが分泌過多になったり減少したりすると、様々なトラブルが起きるようになります。例えばエストロゲンの分泌に対してプロゲステロンが少なすぎると、生理痛がひどくなったり、頭痛やめまいなどのPMS症状が強くなったりしてしまいます。

したがって、サプリを服用する際には、月経開始から排卵まではエストロゲンの働きを補助する成分のあるもの、排卵後から月経前まではプロゲステロンに働きかけるもの、と飲み分けるのが一番効果的な方法です。月経や排卵の時期を知るには、基礎体温を毎日測って記録していくのがよいでしょう。朝一番に目覚めてから起き上がらずにそのまま検温します。排卵から月経開始までは高温期、月経が始まると低温期になります。毎月記録していくと、大体の自分の周期がわかるようになります。

いちいち飲み分けるのは面倒、という人には、二種類のホルモンにバランスよく働きかけることができる複合型のサプリもあります。これなら期間を分けずに飲み続けても大丈夫です。しかし月経が遅れる、体調が悪くなるなどの副作用が出てきたら、量を調節しましょう。

サプリの服用方法も重要ですが、体調が悪かったり食生活が乱れていたりすると、ホルモンバランスが乱れ、サプリの効果も弱くなります。自分の体調や月経周期を理解して、効果的にサプリを服用しましょう。

話すべきか話さずにおくべきか・・・豊胸手術って彼氏にバレる?

「大きい胸になりたい」こう願うとき、その背景にあるものはなんですか?カッコいいスタイルへの憧れ?服を色っぽく着てみたい?でもどんな理由であれ、「男性からの視線」を意識することが根底にあるのはおそらく間違いないでしょう。

男性だったら強さを誇示するし、女性だったら母性や色っぽさをアピールする。そして両者ともに、自分にないものに惹かれる。これは人間の本能のようなものです。そして特に男性は、内面よりもまず見た目から入る、というある意味単純でわかりやすい思考を持っている人が多いので、「胸が大きい」というのはそれだけで男性を惹き付ける大きな魅力になります。

では、お付き合いしている彼が、自分の胸の大きさに不満を持っているようだと感じたとき、あなたはどうしますか?現代の医療技術は、私達にさまざまな希望を与えてくれます。胸を大きくすることだって、「豊胸手術」という手段で可能なのです。

そこで、彼の望み通りのバストを手に入れよう!と手術を決断したとき、あなたはその決断を彼に話しますか?

こっそりと手術を受けて、「じゃーん!」とアピールするのもいいでしょう。おお、と目を輝かせてくれたらこちらも嬉しいですよね。しかし男性とは複雑なもので、大きい胸は好きだが、手術などで大きくなった胸はちょっと、というややこしい考えを持つ人も少なくありません。今ではそう珍しいことでもなくなってきたプチ整形も、まだ男性には理解されないことが多いのです。せっかくお金をかけて彼の希望通りにしたのに、彼が喜んでくれなかったら悲しくなってしまいますよね。

手術を受ける前には、やはり彼氏に相談するほうが無難でしょう。「そのままの君でいいよ」と言ってくれるなら、変にコンプレックスを持たずに堂々としていればよいのだし、「ぜひやってみなよ!」と言うのなら、どれほどサイズアップするのか、一緒に手術前後を楽しむことができますよね。

ではすでに豊胸を行ったあとに彼氏ができたとしたら、それは話すべきなのか?

難しい問題ですが、やはり豊胸手術を施した胸は、本来の胸と比べると若干触り心地などが異なりますので、話さなくてもわかる人にはわかってしまいます。しかし、既に手術は済んでいるので、今さら何か言われたとしてもどうしようもありません。自分から話すのか、指摘されたときに話すのかはタイミングや彼の性格などにもよりますので、見極めが大事です。

いずれにしても、豊胸手術は恥ずかしいことではありません。この胸を含めて自分なのだ、と誇りを持って堂々としていればよいかと思います。

生理食塩水やシリコンジェル・・・豊胸手術はどの方法を選ぶ?

「大きいバスト」というのは、それだけで魅力的なものです。大きな胸になりたい!女性のそんな純粋な願いをかなえるために、「豊胸手術」は存在します。

現在、豊胸手術にはさまざまな種類がありますが、一番メジャーな方法はシリコンバッグといわれるものを手術で胸に入れる「プロテーゼ挿入法」です。脂肪やヒアルロン酸を注射する方法と違い、一気にカップ数を上げることができるので、人気の高い方法となっています。

シリコンバッグの内容物にも様々な種類があります。昔の豊胸手術は、シリコンをジェル状にしたものを使用していましたが、バッグの耐久性が低いため胸の中で破損してしまい、身体に影響を与えるということが相次いだため、中身が生理食塩水のものに切り替えられました。生理食塩水は人体に無害で、横になっても固まったままではなく流れるなど仕上がりが自然になりますが、手触りがあまりよくなく固めの仕上がりになるという問題点があります。

その後、安全性の高いシリコンジェルを使用し破損もしにくい材質に改善されたコヒーシブシリコンバッグが開発されました。これは万が一バッグが破損してもジェルが体内に流れにくくなるように工夫されています。しかし生理食塩水ほどではないものの若干固く、手術の跡が少し大きくなるという欠点もあります。

このコヒーシブシリコンバッグを更に改良したものがバイオセルバッグです。手触りや耐久性などがぐんとよくなり、自然な仕上がりになりますが、まだ歴史が浅く、扱っている医院が少ないのが現状です。

種類の他に、シリコンバッグには様々な形状があります。最もよく使用されているおわんの形のラウンド型、下部にボリュームを出すアナトミカル型、左右非対称のアシンメトリー型などです。

更に、表面がざらざらしているテクスチャードタイプか、すべすべのスムースタイプかの表面の形状も選択しなければいけません。

豊胸手術を行う際には、自分の希望するタイプのシリコンバッグを扱っている医院を選び、自分に合ったバッグで施術を行えるように医師ときちんと相談をするようにしましょう。

1 2 3 >